賃貸ノート

賃貸に理事会はあるの

アパート等、区分所有の前提がまったくない物件の場合は、建物の所有者との間の賃貸契約に基づいて入居することになるため、住人同士で構成する役員会も理事会もありません。しかし、分譲賃貸の場合は、役員会や理事会と呼ばれるものが必ずあります。しかし、その理事会等は区分所有者で構成される会であって役員になるのもその区分所有者だけですので役員会や理事会と賃借人は直接関係はありません。 区分所有者の総会にオブザーバーとして出席できるケースもありますが、あくまでマンションの区分所有者が関係するものです。但し、賃借人であっても、理事会等で決まったマンションの使用方法については従う義務があります。例えば、ゴミを出す曜日を守ったり、ピアノは何時以降は弾いてはいけない、駐車場は左回りで移動するなどの規定についてはよく理解しておく必要があるということです。 これらは区分所有法というマンション用の法律によって規定されている内容で、区分所有者はこれを知っておく必要があります。マンションの管理費の支払いは区分所有者の義務で、賃借人は関係ないということもこの区分所有法からわかることです。ちなみにこの管理費は区分所有者が設定した家賃に含まれているでしょうから資金的な負担は実質的には賃借人がしていることになるでしょう。

管理人愛用サイト

サイトマップ