賃貸ノート

賃貸物件をリフォームしたい

賃貸物件のリフォームする場合、大家への許可が必要になる事が多いですが、築年数が古い物件であれば取りやすいと良く聞きます。築年数が古い物件ではフローリングの痛みが酷かったり、備え付けのエアコンが電気代を異様に使ってしまいかさんでしまう事があります。そのような場合、賃貸のオーナーである大家に依頼をしてみると大家が多少なりとも費用負担してくれる可能性もあり、自分で全てを決めてしまうわけではなく、オーナーも長く住んで欲しい、空き部屋を作りたくなく物件の価値を高めたいという希望があえば、オーナーが全額負担でリフォームをしてくれる可能性も少なからずあります。 しかし、そういう希望を通すためには大家との良好な関係はもちろん築いておく必要があります。家賃の滞納などの回数が多ければ当然当入った要望がとおる可能性は低くなります。 リフォームを築年数が新しい物件で行う場合は大家もまだまだ必要の無いリフォームを行う事。また引越しの際に現状復帰を求められる可能性もゼロではありません。やはり賃貸でのリフォームは独りで決めるのではなく、しっかりと良好な関係を結んでいるオーナー若しくは管理会社との交渉は不可欠と言えます。

管理人愛用サイト

サイトマップ